2018.9.24
この日は1日マラッカを散策。
この旅は、毎日移動ばかりだったので、1日同じ場所に居続けるのはこの日が初めて。

IMG_0452

IMG_0459

IMG_0464

オランダ広場から、マラッカ川を西に渡り、ジョンカーストリート周辺にはプラナカン邸宅と呼ばれる、中国人移民の子孫がつくりあげた"プラナカン"文化の建築が並んでいます。
パステルカラーがかわいい♡
このあたりは散歩するだけでも楽しい。

朝食は、イポーですっかりはまった飲茶を♪
ジョンカーストリートの一本北側の通りにある、榮茂茶室で。

IMG_1551

にら点心、はんぺん、魚の練り物、大根もち、エビ点心、ココナツ餡入りの練り物、肉まん、おかゆなど…朝から食べすぎ。笑

計10.4RM (281円)

信じられない安さ!イポーの点心も美味しかったけど、こちらは庶民的な味で食べやすく、めちゃくちゃ美味しかったです。
特に肉まんは、日本では食べたことない味で感激!!たぶん八角が効いてたんだと思う。


このあたりには、アートカフェや雑貨屋さんがたくさんあり、おしゃれ。
雑貨屋さんで絵葉書を買ったり、ブラブラ。

その後、オランダ広場から丘の上まで歩き、マラッカ・スルタン・パレスへ。
ここはマラッカ文化の博物館になっていて、装飾品、食器、衣装などの展示が見れた。なかなか立派な博物館でおもしろかった!
小学生の遠足にも使われているようで、子供達がたくさん!元気に走り回ってかわいい…先生もおおらかで子供達も自由に遊んでいた。笑

博物館周りは見晴らしが良い。

IMG_1634

IMG_1633

お昼は、オランダ広場の北東の方を歩き、インド人街まで。 お昼ごはんはこちらに決めました。

IMG_1559

SELVAM RESTAURANT
インド人街の通りのちょうど入り口にあります。交差点の角だからわかりやすい。

 IMG_1626

こちらも超絶!美味しかったです。
カレーはマトンをチョイス。少し辛かったけど、バナナの葉に最初からのっているおかずとカレーはあまり辛くないから、混ぜるとマイルドに。
店員さんとお客さんもインド系の方が多い。
食べた後も店員さんとちょこちょこ話したり、まったりと過ごす。
ぼーっと過ごしていると、なんだかこの街に引きこまれて、自分が日本から旅行で来ていることを忘れてしまう…本当に日本に帰るんだろうか?

IMG_1628

インド人街の街並み。本物のインドとは違うけど、雰囲気、匂いはザインドでした。
お馴染みHimarayaのアーユルヴェーダの化粧品や、パパドなどをお土産に購入。インドよりはもちろん高いけど、いろいろと安く買えました♪

ジョンカーストリート内で、パブに入りビール休憩ののち、
この旅の目的でもある、夕日を見に、また丘の上を目指す。

セントポール教会も少し見学し…
夕日が落ちていく時間を待つ。

あんなに晴れていた昼間…

なのにどんどん雲が厚くなり…

IMG_1567

…マラッカの夕日は雲に覆われるというのは定説なのでしょうか。汗
かの沢木氏も、海岸まで夕日を見に走ったが、夕日は雲に覆われ、雲が晴れたかと思うと木立に邪魔され、堤防まで走ったがもう夕日は沈んでしまっていた…と深夜特急に書いていた。

深夜特急2のマラッカの夕日のシーンを読みなおしてみると、海岸の様子は、今とはきっと大分違うんだろうなと思う。2008年にマラッカはユネスコ世界遺産に登録され、海岸沿いは埋め立てされ、多くのホテルが建設中だった。

沢木氏が書いている、子供達がサッカーをする芝生や堤防など、そのときの光景と今の景色は大分違うはず。

沢木氏が行った頃に、行ってみたかったなぁ。

気を取り直して最後の夕飯に。

サテとラクサとビールを求めてジョンカーストリート周辺をぐるぐる。
でもやっぱり飲めて、庶民的で、マレー系の店は見つからない。

行ったのはCalanthe art cafe。

IMG_1618

ラクサとサテとコーヒーを。
ラクサは甘辛くておいしい!!サテも美味しかった。
サテは、甘めだったので、ビールのツマミになるかなと思っていたけど、つまみにはいまいちかもしれないです。ご飯としては◎!

コーヒーで長居してしまい、将来のことなど何時間もノンアルで話し込みホテルへ。

次の日は、仲のいい先輩に教えてもらった海上モスクを見に行く予定をたてて、眠りにつきました。

にほんブログ村ランキングに参加してます。
ありがとうございます♪
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村