マラッカと言えば、沢木耕太郎の深夜特急。
今回の旅は、深夜特急をたどる旅だったのでマラッカの夕日はかかせない…!
ということで、海の近くまで歩いてみた。
ちなみにスタダイズ広場付近から海までは、歩いて40分はかかった。沢木耕太郎氏が、海まで夕日を見に走った距離はわりと長いはず…

IMG_1545
夕日が落ちる時間まで、夕日スポットまでたどり着かず、引き返すことに。
というのは、海沿いはかなり埋め立てられていて、ホテルがドンドン建設されており、すごく殺風景で、そして夜はとても暗いから…
夕日を見に行ってもいいとは思うけど、帰りはタクシーを捕まえた方がよさそう。

夜はジョンカーストリートへ。

IMG_0437

IMG_0438
すごく賑わってる〜!ジョンカーストリートはすごい賑わいで…
外国人観光客も多いし、かなりがやがやしてます。イポーの賑わいは、外国人観光客の賑わいではなかったけど、マラッカは、各国からのツアー客も多かったし、ザ・観光地って感じです。汗

そして、ビールを飲めるところを探すもやっぱり見つからない!
IMG_0441
マラッカ川沿いはライトアップされて綺麗。
マラッカ川沿には、西洋人向けのバーはありました。でも、洋食は食べたくない、、

IMG_0443

ジョンカーストリートの屋台でオタオタ(魚包)という料理を食べました♪
魚のすり身にココナツ、ウコン、玉ねぎを練りこんでバナナの葉に包んで焼いた料理。
クセはあるけど美味しい!カンボジアのアモックという料理と少しだけ味が似てるかも。ウコンとココナツの組み合わせが、そう思わせるんだろう。

IMG_0445
ニョニャ料理が食べられて、ビールを飲めるお店をやっと見つけたので夕食はここで。

ニョニャとは…19世紀半ばまで、中華系移民男性が、マレー系の女性と結婚し、生まれた子供の男の子をババ、女の子をニョニャと言うそう。
なので、ニョニャ料理は、中華系の素材や調理器具を使い、マレー系に味付けした料理のこと。見た目は中華系、味はマレー系ってことね。

IMG_1547
ミーゴレン(これはニョニャ料理ではないかも…?ニョニャのミーゴレンはかなり辛いらしい)

IMG_1548
オクラ料理。上にかかっている魚の発酵したソースがなんとも美味。

IMG_1549
豆腐のあんかけ。これも最高!食べやすい。

にしてもこのオーダーの仕方…
豆腐のあんかけ、おくら、焼きそばって
いつもの家のアテでしょ!!笑

ビールと良く合うし、美味しかった!
次の日はラクサとサテを食べようね、なんて言いながら帰った。

IMG_1654
マラッカ名物。キティちゃんとかいろんなキャラクターをデコレーションしたチャリ。
これで、観光客を案内する商売だそう。
風情……ナシ。。
でも意外と人気なんだな〜。

ホテルはスタダイズ広場からすぐの、THE RUCKSACKへ。割と手頃で清潔で親切でよいホテルでした。
明日も1日マラッカを散策します。


にほんブログ村ランキングに参加してます。
ありがとうございます♪
にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村